バレンタインデーの由来!日本はチョコレートだけど海外との違いは?

2月
スポンサーリンク

2月14日は、バレンタインデー(Valentine’s Day)ですね。

バレンタインデーは、世界各地でカップルが愛の誓いをする日とされています。

女性も、男性も、ドキドキ・ソワソワする1日だと思います。

私もそうでした(笑)

 

そんなバレンタインデーですが、元々の由来はなんでしょうか?

日本では、女性から男性にチョコレートを贈るのが、一般的ですが、なぜそうなったのでしょう?

また、海外では、日本とは違うのでしょうか?

 

今回は、そのようなバレンタインデーの由来、日本のチョコレートの起源、海外のバレンタインデーの過ごし方をご紹介します。

スポンサーリンク

バレンタインデー由来・起源

バレンタインは、3世紀にローマで殉教したキリスト教の聖ウァレンティヌス(バレンタイン)から来ています。

当時のローマは、ローマ皇帝により、兵士の士気を乱すという理由から、若者の結婚を禁じていました。

ウァレンティヌス(バレンタイン)は、そんな若者たちを哀れに思い、密かに結婚をさせていました。

しかし、それがローマ皇帝に知られてしまいました。

ローマ皇帝の意思に反していたこと、そして当時キリスト教は迫害を受けていたこともあり、改宗を迫られましたが、それに応じなかったため、処刑をされてしまいました。

その処刑された日が、2月14日です。

殉教したウァレンティヌス(バレンタイン)でしたが、後にキリスト教が勢力を増してきて、キリスト教の聖人として奉られるようになりました。

これが、バレンタインデーの始まりとされています。

日本でのバレンタインの始まり

日本では、1958年ごろからバレンタインデーが始まったとされています。

当時は、来日した外国人により始まりましたが、お菓子業界や流通業界も、商品の販売促進のため、それに乗っかり、普及し始めたと言われます。

女性から男性に、チョコレートを贈るというのは、製菓会社のメリーチョコレートカムパニーの原邦生(はらくにお)さんが起源と言われています。

1958年2月に「バレンタインセール」でチョコレートの販売を行いましたが、まだ日本には定着していなかったため、当時はうまくいかなかったようです。

しかし、少しずつ世間に広がっていき、1970年代後半には、小中高生の間で、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が広がっていきました。

最初は、女性が意中の男性にチョコレートを贈る日でしたが、1980年代には、義理チョコや男性から女性へお返しするホワイトデーも始まるようになりました。

そして、現在では、友だちにあげる友チョコという具合に、時代と共に、バレンタインデーも進化!?しています。

今後、どのような進化を遂げるのか、それも1つの楽しみですね(笑)

日本以外のバレンタインデー

女性が意中の男性にチョコレートを贈る、または女性が普段お世話になっている・仲良くしている男性に義理チョコを贈る、バレンタインデーとはそういう日という認識ありませんでした?

私が物心がついて、バレンタインデーというものを知ったときには、既にそういう認識でした。

そして、元々日本にはないチョコレートなので、チョコレートを贈るのは製菓会社の戦略(間違ってませんが;)であり、海外から伝わってきたものだと思っていました。

 

ここ数年で、ハロウィンのイベントも日本ですっかり定着しました。

各々何かしらの仮装をするイベントとして定着していますが、でも、海外では子どもたちが魔女やお化けの仮装をして、「Trick or Treat(トリック オア トリート/お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!)」と言って、近所の家々を訪れて、お菓子をもらったりする風習だというのは、皆さんも知っていますよね。

 

このハロウィンと同じように、元々は、海外から来たイベントですが、日本で独自の進化を遂げ、女性から男性へチョコレートを贈るイベントになりました。

 

なので、海外でのバレンタインデーの過ごし方は日本とは異なります。

そこで、海外のバレンタインデーの過ごし方をいくつか紹介します。

イギリスのバレンタインデー

イギリスの場合は、男性から女性に贈ります。

バレンタインデーカードを好きな人に贈ります。

しかし、カードには、自分の名前は書きません。

イタリアのバレンタインデー

イタリアの場合は、男性から女性に、バラをプレゼントするのが、最も多いです。

次に多いのが、下着ということです。

米国(アメリカ)のバレンタインデー

米国(アメリカ)の場合は、男性から女性に花束をプレゼントする人が多いようです。

また、花束と一緒に、チョコレートをプレゼントする人もいます。

ベトナムのバレンタインデー

ベトナムの場合は、男性から女性にプレゼントを贈ります。

プレゼントするものは、人によって違いますが、花束やバラ1輪をプレゼントする人が多いようです。

また、日本の文化が伝わったのか、チョコレートをプレゼントする人も増えてきているようです。

台湾のバレンタインデー

台湾の場合は、女性から男性へというのはなく、渡したい人が渡すという風習です。

渡すものも、チョコレートというように、決まったものもなければ、義理チョコのような風習もありません。

最近では、日本の文化が伝わったのか、チョコレートを渡す人もいるようですが。

ただ、バレンタインデーをプロポーズの日にする男性もいるようで、バラが1本なら「あなただけを愛している」、11本なら「一生愛している」、100本なら「結婚してください」という意味があるようです。

また、台湾の場合は、2月14日だけでなく、7月7日もバレンタインデーが祝われています。

韓国のバレンタインデー

韓国の場合は、日本と同じで、女性から男性へチョコレートをプレゼントします。

また、義理チョコも、ホワイトデーもあります。

日本と、本当に一緒ですね。

違う点としては、プレゼントのラッピングが、とっても派手なところです。

パット見て、プレゼントを持っているのがわかるくらいに、大きなボックスやバスケットに入っていて、派手なラッピングがされています。

バレンタインデーの学生あるある

学生バレンタインデーあるあるの1コマ漫画10選です。

私の学生時代には、まだ友チョコ文化はありませんでしたが、それ以外は「あるある」でした(笑)

おわりに

今回は、バレンタインデーということで、その由来・起源や、日本でのバレンタインデー及び女性から男性へチョコレートを贈ることになった起源、海外のバレンタインデーの過ごし方を紹介させて頂きました。

 

2月14日バレンタインデーは、男性にとって、本当に1日中、ドキドキ・ソワソワする日です。

私は、今でこそ、ドキドキ・ソワソワしませんが、学生時代は、ずっと意中の女性の行動が気になって、ソワソワしていました。

懐かしいです(笑)

 

私は男性なので、女性目線は分かりませんが、女性は渡す方ですからね。

男性以上に、ドキドキするのではないでしょうか?

学校で渡す場合は、意中の男の子が1人になるタイミングをずっと見計らい、いざ渡すときは、本当にドキドキですよね。

 

こんなイベントなくなれ!って思っている方もいるかとは思いますが、ドキドキって素晴らしいですからね。

私は、意中の女の子からもらえた年、もらえなかった年の両方とも経験があります(もらえなかった年の方が多いですが)。

もらえなかった年は本当に悲しいですが、もらえると、それが義理だとわかっていても、本当に嬉しいです!

なので、製菓会社の戦略にハマってしまってますが、このイベントは続いて欲しいです。

 

バレンタインデー、みんなに幸福が訪れるといいですね!!!

 

 

見た目もオシャレ、味も美味しいチョコレートです!

▼ ▼ ▼

 

 

 

 

 

コメント