定番の由来と意味は?色々な定番をご紹介!

生活
スポンサーリンク

今回は、定番(ていばん)についてお話します。

定番という言葉はどこから来たのか、その由来や、定番の意味、そして色々な定番をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

定番の読み方

漢字で「定番」と書くと、「ていばん」または「じょうばん」の2つの読み方があります。

ただし、「定番(ていばん)」と「定番(じょうばん)」では、意味が異なります。

定番(ていばん)の意味・由来

定番(ていばん)とは、当たり前となっていること、決まり切っていること、代表的なもの指す言葉として使われます。

 

元々は、小売業界やファッション業界などで使われていた、「定番商品」を略した用語です。

商品番号(品番)は常に一定で変わりません。

その中で、流行や情勢に関係なく、安定した売り上げを確保できる商品のことを、一定売り上げが定まった番号の商品を「定番(ていばん)」と呼ぶようになりました。

そして、その「定番(ていばん)」という用語が、世間一般にも広がり、世間では、当たり前となっていること、決まり切っていること、代表的なもの指す言葉として使われるようになりました。

定番(じょうばん)の意味・由来

定番(じょうばん)とは、江戸時代の武士の役職で、常に見張り番をする仕事、またはその仕事をしている人のことを言います。

二条城、大阪城、駿府城に、定番(じょうばん)が置かれていました。

 

戦国時代や江戸時代には、「城代(じょうだい)」と呼ばれる役職がありました。

城代とは、城やその周辺の領土の守備を任されていた家臣、城主が留守のときに、代わりに城を管理した家臣のことをいいます。

 

城代の中でも、城主が留守中に代理で城の管理をした城代のことを、城代家老とも呼びます。

その城代家老の下、共に守備を任された家臣を城番と言います。

城番には、さらに、城主が留守の一定期間、常に務める「定番(じょうばん)」と、人数不足を補うために追加で加えられた「加番(かばん)」がいました。

 

なので、定番(じょうばん)とは、城主が留守のときに、代わりに城を管理した城代家老の下、共に守備を任された城番の中で、常に城番として任を務めていた家臣のことです。

色々な定番(ていばん)を紹介

お正月の過ごし方

  • 初詣
  • 寝正月
  • 正月特番のテレビを見る
  • 箱根駅伝を見る
  • 新年のあいさつ回り

お正月の食べ物

お正月の遊び

  • かるた
  • 福笑い
  • 羽根つき
  • 凧あげ

大晦日の過ごし方

  • テレビを見る
  • 年越しそばを食べる
  • 実家へ帰る
  • 除夜の鐘を聴く

大晦日のテレビ

  • 紅白歌合戦
  • ガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない〇〇24時!

クリスマスソング

  • 山下達郎「クリスマスイブ」
  • 桑田佳祐「白い恋人達」
  • back number「クリスマスソング」
  • マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」
  • ワム「ラスト・クリスマス」
  • 「あわてんぼうのサンタクロース」
  • 「赤鼻のトナカイ」
  • 「ジングル・ベル」
  • 「White Christmas」

卒業ソング

  • レミオロメン「3月9日」
  • いきものがかり「YELL」
  • 川嶋あい「旅立ちの日に」
  • 「仰げば尊し」
  • 「蛍の光」

あまちゃん オープニングテーマ(吹奏楽セレクション)

私、あまちゃんはちゃんと見たことないですが、この曲はもちろん知ってます。

甲子園や運動会・体育祭など、色々なシーンで定番として流れますよね。

元気が出る、テンションがあがる曲です。

おわりに

今回は、定番(ていばん)について、由来や意味、そして色々な定番を紹介させて頂きました。

 

色々な定番を紹介しましたが、あなたにとっても定番はありましたでしょうか?

定番=決まり切ったもの、当たり前のものですが、その人の育ってきた環境や性格など、色々な条件により、定番と言っても、人それぞれ異なります。

 

また、時代や地域によっても全く違いますよ。

今と昔では、遊びも全く異なりますし、卒業ソングなども全く異なります。

 

だからこそ、定番を話したりすると、定番が同じでも、違っていても、話が盛り上がりますよね。

コメント