おせち料理の中身の由来や意味は?定番の中身は?

1月
スポンサーリンク

お正月にお正月に食べる料理の定番といえば、「おせち料理」ですよね。

おせち料理の中身には、それぞれ意味があるというのは、ご存知の方もたくさんいると思います。

でも、その意味って意外と知らないですよね。

1年のスタートであり、親戚や知り合いもたくさん集まります。

その中で、おせち料理の由来や中身の意味を説明すれば、みんなからちょっとした尊敬の目で見られますし、意味を理解して食べると、また違った味わいができると思います。

この機会に、意味を確認し、気持ちのよい新年を迎えましょう。

スポンサーリンク

おせち料理の由来とは?

おせちは、「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略であり、おせち料理は、御節供料理や祝儀料理と呼ばれていました。

今でこそ、お正月の定番料理となりましたが、お正月だけでなく、それぞれの節目で食べられていました。

その節目とは、1年の中で重要な節目とされ、五節供(五節句、ごせっく)と呼ばれます。

  • 1月7日 人日(じんじつ)・・・七草の節句
  • 3月3日 上巳(じょうし)・・・桃の節句
  • 5月5日 端午(たんご)・・・菖蒲(しょうぶ)の節句
  • 7月7日 七夕(しちせき/たなばた)・・・ 笹の節句
  • 9月9日 重陽(ちょうよう)・・・菊の節句

ここに、さらに、1月1日は特別な日であり、この節句に御節供料理が食べられました。

これは、中国から伝わってきたもので、もともとは宮中行事でしたが、これが、江戸時代に入り、庶民にも広がっていきます。

そして、1年の節目の中でも、最も大切にされているお正月に食べる料理が「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

御節供料理は、それぞれの節目でたべる料理であり、節目というのは、季節の変わり目や生活の節目にあたりますので、収穫のお祝い、節目を迎えられたことのお祝いを神様に感謝する気持ちで作られています。

  • 1年のスタートを無事迎えられました
  • 新しい1年を迎えられることに感謝します

ということを思い、頂くのがよいと思います。

おせち料理の中身は?

おせち料理に入れるものを分類すると、以下の5つに分かれます。

  • 祝い肴(ざかな)
  • 口取り
  • 焼き物
  • 酢の物
  • 煮物

地域によって、入れるものにも多少の違いがあり、また、新しく増えているものもあります。

しかし、どの食べ物にも、必ず願いが込められています。

【おせち料理】祝い肴(ざかな)とは

祝いの膳に用いる、酒の肴です。

関東では、数の子、黒豆、田作りの3種類を用います。

関西では、数の子、黒豆or田作り、たたきごぼうの3種類を用います。

数の子

数の子は、ニシンの卵です。

ニシンは、卵が多いので、子宝・子孫繁栄の縁起物とされています。

また、二親と表現できることから、両親の健在、健康も意味もあります。

黒豆

まめ(まじめ)に働き、まめ(健康、元気)に過ごせますように、という意味が込められています。

また、黒色には、魔よけの意味もあるので、邪気を払い、黒豆のように真っ黒に日焼けするほど、まめ(まじめ)に働けるようにという願いが込められています。

たたきごぼう

ごぼうは、細く長く地中に根を張ることから、家族・家業がその土地でしっかりと、末永く、安泰に生活できるようにとの願いが込められています。

また、たたきごぼうは、ごぼうを叩いて開かせることから、開運の意味も持っています。

田作り(ごまめ)

昔は、田んぼの肥料に、乾燥させたいわしが使われていました。

乾燥させたいわしを肥料としていた田んぼは、豊作だったことから、豊作を祝い、いわしを食べるようになりました。

田んぼを豊作にしてくれる食べ物ということで、田作りと呼ばれますが、豊作ということから「五万米(ごまめ)」とも呼ばれます。

【おせち料理】口取りとは

口取り肴(ざかな)の略で、甘い料理を中心とした、酒の肴になる料理です。

栗きんとん、紅白かまぼこ、昆布巻き、伊達巻などのことを言います。

栗きんとん

栗きんとんは、栗金団と書きます。

このことから、金運を運ぶ、商売繁盛の願いが込められています。

また、栗を臼(うす)でつくことを、「搗(か)つ」と言います。

これが、「勝つ」に通じるとして、勝負に勝つというところからも来ているとされています。

紅白かまぼこ

紅白は、日本では、昔から縁起の良い色とされています。

赤は赤ちゃんを、白は死を意味し、2つで人生そのものを表しているとされたり、ハレの日に、赤飯と白餅で紅白を表したのが始まりとも言われています。

また、かまぼこの原料は、白身魚ですが、今よりもずっと高価で、さらに生魚となると、さらになかなか口にできるものではありませんでした。

それを、保存が効くようにしたこと、1年のスタートに高級な魚を食べたいことから、かまぼこ選ばれたと言われています。

さらに、かまぼこの半円状の形が、初日の出に似ていることからも、1年の始まりにあうとして選ばれたと言われています。

昆布巻き

語呂合わせの「よろこぶ」や、「子生(こぶ)」の当て字から来ています。

長寿や子孫繁栄を願っています。

伊達巻

伊達巻の形が、巻物に似ていることから、学問の成功を願い、食べられるようになったと言われています。

【おせち料理】焼き物とは

うなぎ、海老、鯛、ぶりなど、海の幸の焼き物を入れています。

うなぎ

昔から入っていたものではなく、最近入るようになりました。

これは、「うなぎのぼり」という言葉にあやかり、出世の願いが込められています。

海老

海老の姿から、腰が曲がるまで長生きできるようにという、長寿の願いが込められています。

鯛と言えば、お祝いの席で食べるというイメージですが、これは「めでたい」という語呂合わせからきています。

ぶり

ぶりは、成長と共に名前も変わる出世魚から、出世の願いが込められています。

【おせち料理】酢の物とは

菊花かぶ、紅白なます、小肌栗漬け(こはだあわづけ)、酢蓮(すばす)、 ちょろぎなどを入れます。

菊花かぶ

旬のかぶを、おめでたい菊の花の形に飾り切りし、紅く染め、紅白の酢の物にすることで、菊のめでたさ、紅白のめでたさから、縁起物とされています。

菊は長寿を意味するので長生きを、かぶを頭とも呼ぶことから、トップをとれるようにとの願いも込められています。

紅白なます

ニンジンと大根が紅白が、ご祝儀の際に飾る水引に似ていることから、縁起物、おめでたいとして、入れられています。

小肌栗漬け(こはだあわづけ)

小肌は、コノシロの若魚で、出世魚とされています。

粟は、クチナシで黄色く染めることで、五穀豊穣を願っています。

つまり、将来の出世と、五穀豊穣を願って作られた縁起物です。

酢蓮(すばす)

れんこんには、たくさんの穴が空いていることから、将来の見通しがいい、先見性があると言われ、縁起物とされています。

ちょろぎ

ちょろぎは、「長老喜」と書きます。

この字から、長寿を願う縁起物として入れられています。

また、ちょろぎは、ボケ防止に良いとされ、古くから漢方薬としても使われています。

【おせち料理】煮物とは

くわい、里芋、陣笠しいたけ(じんがさしいたけ)、たけのこ、煮しめなど、山の幸である煮物を入れています。

くわい

茎の先に芽が見えることから「芽出たい」にかけ、出世を願いが込められています。

里芋

里芋には、子芋がたくさん付くことから、子宝の願いが込められています。

陣笠しいたけ(じんがさしいたけ)

陣笠とは、足軽などがかぶっている笠のことです。

しいたけの笠を陣笠に見立てていることから、このように呼ばれています。

しいたけには、元気などの願いが込められています。

たけのこ

たけのこは、成長が早いので、子どもがたけのこのように、すくすくと育つようにとの願いが込められています。

煮しめ

いろいろな食材を一緒に煮込むことから、家族仲良く、一緒に結ばれるという意味があります。

3段重、4段重、5段重によって中身は違うの?

重箱は、2段重、3段重、4段重、5段重と、その地域やしきたりにより、段数や詰め方は異なります。

ただ、複数段重ねるのは、「めでたさを重ねる、幸せを重ねる」という意味があります。

そして、段数により、以下のように詰めます。

【2段重】

一の重:祝い肴(ざかな)、口取り

二の重:煮物(山の幸)、好きなもの

【3段重】

一の重:祝い肴(ざかな)、口取り

二の重:焼き物(海の幸)、酢の物

三の重:煮物(山の幸)

【4段重・5段重】

一の重:祝い肴(ざかな)

二の重:口取り、酢の物

三の重:焼き物(海の幸)

与の重:煮物(山の幸)

五の重:空or好きなもの

※四は縁起が悪いとされ、与と表現します。

おせち料理はなぜ重箱に入れるの?

今でこそ、重箱に入れるのが当たり前となっていますが、その始まりは明治以降と言われています。

さらに、第二次世界大戦以降に、デパートで見栄えをよくするために、重箱に詰めるようになり、それが今では当たり前となっています。

また、重箱には、漆(うるし)が塗られており、この漆には殺菌作用があり、保存に適していることからも、漆が使われるようになった由縁があります。

おせち料理は海外にも誇れる日本の料理

おせち料理は、海外にも誇れる日本の伝統料理ですね。

おわりに

おせち料理の由来や意味、定番の中身を中心に、各料理の願いをお話させて頂きました。

それぞれの料理にどのような願いが込められているかを知ることにより、また違った気持ちでおせち料理が食べられると思います。

おせち料理は、新しいスタートを切るのに、最適な料理です。

1年の大切なスタートだからこそ、おいしいおせち料理を食べて、健康な1年を過ごしていきたいですね。

コメント