【男の料理】なんちゃって親子丼!豚肉、鶏肉、たっぷり野菜で作る

男の料理
スポンサーリンク

包丁さばきもままならない、料理初心者の私が作る料理。

基本テーマは、簡単・手抜き・時短です。

 

【男の料理】今回は、なんちゃって親子丼に挑戦します。

 

親子丼は、買って食べるイメージしかありませんでしたが、買うと結構高いので、家庭でそれっぽいものを作ってみました。

野菜もたっぷり入れて、少しでも栄養バランスがよくなるように考えてます。

スポンサーリンク

調理道具

  • まな板
  • 包丁
  • フライパン
  • ボール
  • 計量カップ(めんつゆ、水を量るのに使う)
  • さいばし(具材、卵をかき混ぜるのに使う)
  • お玉(なんちゃって親子丼を盛り付ける時に使う)
  • しゃもじ(ご飯を盛り付ける時に使う)
  • 炊飯器(お米を炊くのに使う)
  • どんぶり(ご飯+なんちゃって親子丼を盛り付ける)
  • スプーン(食べる時に使う)

材料

※こちらは、大人1人、小学生の子ども3人の量です。

  • タマネギ(1つ)
  • キャベツ(葉っぱ2~3枚)
  • 豚バラ肉(2~3)
  • 鶏モモ肉(豚バラ肉と同じぐらいの量)
  • 生卵(3~4)
  • 水(600cc)
  • めんつゆ(30cc)
  • お米(2.5合)※別途お米を炊く用の水も必要

調理方法

  1. お米を研ぎ、普通炊きにする
  2. 調理自体は15~20分ぐらいでできるのでお米が炊ける15~20分ぐらい前まで待つ
  3. タマネギの皮をむく
  4. タマネギは1つを半分に切り、それをさらに半分にし、4等分になるようにする
  5. そのタマネギを縦に薄くスライスするように切る(お店のタマネギのようなイメージです)
  6. 切ったタマネギはフライパンへ入れる
  7. キャベツを5~10mmぐらいの大きさに切り、フライパンへ入れる
  8. 豚バラ肉を10~15mmぐらいの大きさに切り、フライパンへ入れる
  9. 鶏モモ肉を10~15mmぐらいの大きさに切り、フライパンへ入れる
  10. フライパンに水とめんつゆを入れる
  11. フライパンにフタをする
  12. 中火にし、放置する(3~5分ぐらいで沸騰します)
  13. 沸騰したら、さいばしで軽く具材をかき混ぜ、弱火にし放置する
  14. 生卵をボールに割り、さいばしでかき混ぜる(空気を入れるように混ぜる)
  15. 弱火にしてから5~8分ぐらいしたら、フタを外し、かき混ぜた生卵を全体に流し込む
  16. 2分ほど待ち、火を止める
  17. どんぶりにご飯を盛り、なんちゃって親子丼も盛り付けて完成

コツ・ポイント

  • 卵の固さはお好みで

    我が家では、生卵を投入してから2分ほど待ちましたが、卵の待ち時間はお好みで調整し、お好みの固さにしてください。

    また、生卵を入れた後にフタをしてもよいです。

    でも、透明なフタだったとしても、湯気で中が見づらくなり、卵の状態がわかりづらくなるので、私はフタはしません。

 

  • 醤油ではなく、めんつゆを使う

    醤油でもいいですが、醤油だと味が濃すぎてしまうのと、みりんやダシで味の調整も必要になります。

    めんつゆ自体が色々なダシが入っているので、味の調整はめんつゆがしてくれます

    こちらでの調整は、水との比率をどのくらいにするかだけで、大丈夫です。

    水との比率により、味の濃さが決まるので、味の濃さはお好みに任せます。

    我が家では、めんつゆ10ccに対し、水200ccぐらいの割合にし、いきなりフライパンへ入れています。

    でも、初めての場合は、お好みもあるので、ボールに入れて、味見したほうが良いです。

    少し濃いめにしたほうが、具材と混ぜたとき、具材にいい感じで味がしみ込みます。

    また、我が家は、ちょいつゆだくぐらいがいいので、タレ(めんつゆ+水)は、少し多めに入れています。

 

  • タマネギは上と下を包丁で切るとむくのが楽

    タマネギはそのまま手でむいてもいいですが、包丁で上と下を切ってからむいたほうが早くむくことができます。

 

  • いろいろな具を入れてみよう

    我が家では、豚肉も入れているので、なんちゃって兄弟丼とも呼んでいます(笑)

    今回は、キャベツでしたが、豆腐やしいたけなどでもいいです。

    一緒に野菜も食べてほしいので、我が家ではホウレンソウ、白菜、ネギ、豆苗を入れたりもします。

 

  • 時間がないときに簡単にできます

    調理時間は30分かからないので、我が家では、時間がないときによく作ります。

    お米を早炊きにすると、25~30分ぐらいで炊けるので、調理時間とちょうどよいです。

    (ちょっと時間が余るので、軽いものをもう一品できるぐらい)

食べた感想

お店とはまた違った味わいがあり、おいしいです。

子供にも好評です。

予想以上にボリュームがあって、お腹にたまります。

笠原シェフが作る親子丼の動画

笠原シェフの親子丼です。

この方が、以前ある番組でダシ巻きたまごを作っているのを見ました。

それもおいしそうでしたが、この親子丼もおいしそうです。

いつかこんな親子丼を作れたらな。

おわりに

今回は、【男の料理】なんちゃって親子丼に挑戦しました。

 

20分もあれば作れるので、忙しいときでも簡単に作れます。

しかも、20分のうち、半分ぐらいは放置ですし。

 

基本テーマ(簡単・手抜き・時短)を守りつつ、栄養バランスも考え、野菜多めに作ってみました。

 

タレを変えただけの『なんちゃって牛丼』もありますので、よろしかったらぜひ!

 

私の調理法が参考になるかわかりませんが、よろしかったらぜひ挑戦してください。

コメント