【男の料理】カレーライス!炒めないで煮込む。調理も後片付けも楽!

男の料理
スポンサーリンク

包丁さばきもままならない、料理初心者の私が作る料理。

基本テーマは、簡単・手抜き・時短です。

 

【男の料理】今回は、炒めないで、煮込むだけのカレーライスに挑戦します。

 

カレーライスにすれば、他のおかずがなくても済んだり、大量に作れば、次回の料理が楽になったりします。

でも、炒めたり、煮込んだりで、割と時間がかかるし、カレールーが付いたお皿って洗ったりするのが大変ですよね。

 

我が家も以前はそうだったんですが、今回ご紹介するカレーライスの作り方にしてからは、結構な頻度でカレーライスを食べるようになりました。

調理も楽、片付けも楽なので。

スポンサーリンク

調理道具

  • まな板
  • 包丁
  • ピーラー(皮むき器)
  • ボール(切ったジャガイモを入れる)
  • フライパン
  • フライパン用のフタ
  • 計量カップ(水を量るのに使う)
  • お皿(ご飯+カレールーを盛り付ける)
  • スプーン(具材、カレールーを混ぜる時、食べる時に使う)
  • おたま(カレールーを盛り付けるときに使う)
  • しゃもじ(ご飯を盛り付ける時に使う)
  • 炊飯器(お米を炊くのに使う)

材料

※こちらは、大人1人、小学生の子ども3人の量です。

  • ジャガイモ(大きさにもよりますが、1~2)
  • タマネギ(1つ)
  • キャベツ(葉っぱ2~3)
  • 豚バラ肉(2~3)
  • 鶏モモ肉(豚バラ肉と同じぐらいの量)
  • 水(250ccの計量カップ3杯)
  • お米(2.5合)※別途お米を炊く用の水も必要
  • カレールー(1/2)

調理方法

  1. お米を研ぎ、普通炊きにする
  2. ピーラー(皮むき器)を使い、ジャガイモの皮をむく
  3. ジャガイモを5~10mm角ぐらいに切る
  4. ジャガイモをボールに入れ、ジャガイモが全て沈むように水を入れる
  5. タマネギの皮をむき、5~10mmぐらいの大きさに切り、フライパンへ入れる
  6. キャベツを5~10mmぐらいの大きさに切り、フライパンへ入れる
  7. 豚バラ肉を5~10mmぐらいの大きさに切り、フライパンへ入れる
  8. 鶏モモ肉を5~10mmぐらいの大きさに切り、フライパンへ入れる
  9. ジャガイモのボールの水を抜き、ジャガイモをフライパンへ入れる
  10. フライパンに水250cc×3杯を入れる
  11. フライパンにフタをする
  12. 中火にし、放置する(5~8分ぐらいで沸騰します)
  13. 沸騰したら、スプーンで軽く具材をかき混ぜ、弱火にし放置する
  14. 15~20分ぐらいしたら、火を止め、カレールーを投入する
  15. 5分ぐらいしたら、カレールーが混ざるように、スプーンで全体をかき混ぜる
  16. 弱火で5~10分ぐらい煮込む(この時3分ぐらいしたら1度だけスプーンで具材をかき混ぜる。底にカレールーがこびりつくのを防ぐため)
  17. 火を消す
  18. この前後で、お米も炊けているので、お皿に盛り付けて完成

コツ・ポイント

  • 具は小さめに切る

    具の大きさは、5~10mmです。

    そうすることにより、火の通りが早く、ガス代の節約、時間の節約ができます。

    特に、小さいお子さんは、具が大きいと食べづらいので、小さく切ってあげたほうが喜びます。

     

  • ジャガイモは必ず水につけておく

    具材を煮込んでいる最中のアク抜きは面倒です。

    その面倒を減らすために、事前に水につけて、アク抜きをしておきます。

    それでも、煮込むとアクが出てきます。

    アクは、苦み、えぐ味などです。

    私は、気にしないし、味への影響は正直ありませんので、やってません。

    カレールーを入れたら、何でもカレーになると言っていた人がいましたが、カレールーは強いです。

    アク抜きしなくても、苦み、えぐ味は一切感じません。

     

  • タマネギは上と下を包丁で切るとむくのが楽

    タマネギはそのまま手でむいてもいいですが、包丁で上と下を切ってからむいたほうが早くむくことができます。

     

  • 炒めない、煮込む

    タマネギや肉などは、通常は、先に炒めます。

    でも、炒めると、その分、手間も時間もかかります

    炒める工程をやめ、最初から煮込んでしまえば、手間も時間も短縮できます。

     

  • フライパンを使う

    多くの方は、深い鍋で大量にカレーを作るのではないでしょうか?

    私も、以前はそうでした。

    大量に作っておけば、何食分かになり、次の食事が楽になりますよね。

    でも、私は1回の食事分しか作りません。

    その理由は、余ったカレーをタッパーなどに移して、冷蔵庫にしまうのが面倒。

    カレーが付いたお皿などを洗うとき、ヌメリが取りにくいですよね。

    あれが何個も増えると、洗うのが面倒です。

    また、冷蔵庫から取り出したルーはどのように温めますか?

    ガスで温める場合は、別の鍋に移す手間もかかるし、洗い物も増えます。

    電子レンジで温める場合ですが、電子レンジは大変便利ですが、ガス代より電気代のほうが高めです。

    私は、その差も節約したいので。

    フライパンなら、1回分作るのに、ちょうどよい大きさです。

    鍋と比べると、フライパンは、底が浅く、幅が広いので、水が沸騰する時間が早いです。

    また、洗うのも鍋より楽です。

     

  • 具材は、野菜を多めに入れる

    今回は、ジャガイモ、タマネギ、キャベツを入れましたが、他の野菜を入れてもよいですね。

    今まで入れたことがあるのは、ナス、ニンジン、ホウレンソウ、ピーマンなどです。

    どれもカレールーの中に投入してしまえば、基本的にはカレールーが勝ちます。

    ただ、お子さんの場合は、どうしても苦手な食材があると思います。

    その場合は、5~10mmではなく、その食材だけ、もっと細かく切ってあげるのがよいと思います。

    そのまま野菜を出しても、なかなか食べてくれないお子さんも、カレーの中に忍ばせれば、ちゃんと食べてくれます。

食べた感想

おいしくするためのこだわりは特にありませんので、すごく普通の味のカレーライスです。

カレーライスの一目置かれる食べ方の動画

我が家では、食べ終わったお皿は、すぐに水につけ、すぐ軽く洗ってしまいます。

でも、できるだけルーが付いていないほうが洗うのは楽ですよね。

ちょっと意識しながら食べないといけないので、食べづらいところはあるかもしれませんが、きれいに食べてくれるのはうれしいですね。

おわりに

今回は、【男の料理】炒めないで、煮込むだけのカレーライスに挑戦しました。

 

正直、この方法にしてからは、カレーライスを作る頻度が増えました

1時間もあれば作れますし、その1時間の半分ぐらいは放置ですし。

片付けも、フライパンなら、鍋と比べて、圧倒的に楽です。

すぐにカレーのヌメリがとれます。

 

基本テーマ(簡単・手抜き・時短)がしっかりと守られています。

この基本テーマは、調理(料理を作る時)だけではなくて、後片付けにも含まれていますので。

 

私の調理法が参考になるかわかりませんが、よろしかったらぜひ挑戦してください。

コメント