髪の毛の効果的な洗い方・乾かし方を解説

髪の悩み
スポンサーリンク

髪の毛ってなんとなく洗っていませんか?

髪の毛にとって、効果的な洗い方をすれば、抜け毛や薄毛の対策になります。

シャンプー代を減らすことだってできますしね。

髪の毛の乾かし方も同じく、タオルやドライヤーの使い方が悪いと、抜け毛や薄毛の原因になります。

という訳で、今回は、シャンプーの正しい洗い方、洗髪後の正しい髪の乾かし方を解説します。

スポンサーリンク

シャンプーの洗い方

お湯でじっくりと洗い流す

シャンプーをつける前に、お湯でしっかりとすすぎます。

指の腹を使い、頭皮・髪をしっかりと洗い流します。

髪の長さにもよりますが、2~3分ほど時間をかけて行ってください。

これだけでも、髪の汚れが80%は落としてくれると言われています。

時間をかけて、頭を温めてあげることにより、頭皮の毛穴も開き、より頭皮の汚れを落としやすい環境ができあがります。

さらに、この工程でしっかりと汚れを洗い流すことにより、余計なシャンプーを使わなくても、十分泡立つようになりますので、シャンプーの量の節約にもなります。

シャンプーは泡立ててから髪につける

シャンプーは、頭皮に直接つけるのではなく、手のひらに適量とり、手のひらで泡立ててから、頭皮につけましょう。

泡立ててからつけることにより、髪全体に広がりやすくなり、液の状態で、直接頭皮に入り込むことを防げるので、頭皮への刺激も軽減することができます。

そして、洗うときは、指の腹を使い、マッサージをするように、揉み洗いしましょう。

シャンプーの適量とは・・・

  • ショートヘアなら1プッシュ(10円玉1枚ほど)
  • ミディアムヘアなら2プッシュ(500円玉1枚ほど)
  • ロングヘアなら3プッシュ(500円玉約2枚ほど)

しっかりと洗い流す

シャンプーの泡が、髪や頭皮に残らないよう、しっかりと洗い流しましょう。

頭皮にシャンプーの泡が残っていると、頭皮トラブル(抜け毛、フケ、かゆみなど)の原因になります。

せっかく正しい方法で洗っても、全く意味がなくなってしまいますので、すすぎは十分すぎるくらいに行いましょう。

髪の乾かし方

タオルで優しく拭く

タオルで、ついついゴシゴシ拭きたくなってしまいますが、髪は、濡れているときが、最もデリケートです。

髪の毛が濡れているとき、キューティクルは開いた状態になります。

ここで、ゴシゴシ拭くと、このキューティクルがはがれ落ちてしまいます。

キューティクルは、言ってみれば、髪の毛を守っている鎧のようなものです。

鎧を付けずに、戦場へ行けば、やられる可能性がとんでもなく上がってしまいますよね?

髪の毛も同じように、外敵から守れず、髪の毛の栄養や水分が流れ出てしまい、髪のパサつきや切れ毛などの原因になってしまいます。

必ず、優しく拭いてあげましょう。

ドライヤーで素早く乾かす

自然乾燥派なんて方もいるかもしれませんが、それは絶対やめましょう。

髪が濡れた状態だと、雑菌が繁殖し、頭皮のニオイやかゆみ、フケの原因になります。

また、「タオルで優しく拭く」でも述べたように、髪の毛が濡れているときは、キューティクルが開いた状態です。

このキューティクルを閉じてくれるのが、ドライヤーです。

ドライヤーで乾かすときも、ゴシゴシ拭くのは禁止です。

まずは、根元から乾かし、最後に毛先を乾かしていきます。

時間をかけすぎたり、一点集中で乾かすと、ドライヤーの熱で髪の毛が傷んでしまいます。

時間をかけすぎず、ドライヤーはこまめに動かしながら行いましょう。

注意点

髪を洗う時のお湯の温度は?

髪の毛を洗うときのお湯の温度は、37~38℃ぐらいで行いましょう。

温度が高すぎると、皮脂が取れすぎてしまいます。

温度が低すぎると、汚れが落ちなくなります。

人の通常の体温より、少し高めがちょうどよい温度です。

シャンプーをする時間はいつがよいか?

がいいです。

朝シャンは、眠気も覚まし、スッキリと気持ちの良いスタートがきれますが、頭皮を守っているバリアである皮脂が洗い落された状態で、外出することになります。

無防備な状態で、戦場に行けば、外敵から身を守れませんよね?

髪の毛も、紫外線やホコリなどから、身を守ることができず、皮脂の汚れ、細菌の繁殖につながってしまいます。

夜に洗うことで、昼間受けたダメージをその日のうちにとることができ、しっかり髪の毛を乾かして寝ることで、

翌朝、皮脂も回復した状態で、1日を過ごすことができます。

洗うときは、指の腹で洗う

頭を洗うときは、指の腹で、マッサージをするように、優しく洗いましょう。

爪を立てて洗うと、かゆみもとれ、頭もスッキリした気持ちになります。

しかし、頭皮・髪を傷つけてしまいます。

爪を立てて洗うと、頭皮にダメージを与え、キューティクルも壊されてしまいます。

絶対爪は立てないでください。

頭皮マッサージの効果的なやり方の動画

髪の毛の効果的な洗い方・乾かし方を身につければ、抜け毛・薄毛の対策になります。

【まとめ】髪の毛の効果的な洗い方・乾かし方

では、シャンプーの洗い方、髪の毛の乾かした、注意点をまとめます。

シャンプーの洗い方

  • お湯でじっくりと洗い流す
  • シャンプーは泡立ててから髪につける
  • しっかりと洗い流す

髪の毛の乾かし方

  • タオルで優しく拭く
  • ドライヤーはこまめに動かしながら、根元から毛先の順番で、素早く乾かす

注意点

  • 髪を洗う時のお湯の温度は、37~38℃
  • シャンプーをする時間は夜がよい
  • 洗うときは、指の腹で洗う

せっかく、良いシャンプーを購入しても、洗い方、乾かし方が間違っていたために、効果が出なかったら、意味がありませんよね。

正しい使い方をしなければ、十分な効果は発揮されません。

正しく使って、最高の成果を上げましょう。

コメント